ブルートゥースの楽天商品 | パノバイクトピークの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介です センサースマートケイデンス 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天!

タイヤスポークにスピードメーターマグネット固定。磁石はセンサーと少し離れて設置する為か?強力でした。iPhoneをサイコン化する為に心拍計と一緒に購入! スピードとケイデンスが一つのセンサーで済むので良いです。

こちらです!

2017年02月14日 ランキング上位商品↑

トピーク パノバイク ブルートゥース スマートケイデンス スピード センサー【送料無料】topeak(トピーク) YCC01600 パノバイク ブルートゥース スマートケイデンス&スピードセンサー【SMTB】

詳しくはこちら b y 楽 天

ケイデンスと共用のお陰?でリアに設置するので、固定ローラーでも問題無くスピードも測れます。。(急にスピードが落ちたり不安定計測)ずいぶん悩んで、百均でネオジムマグネットを購入し、スポーク部に貼り付け。マグネットをかざしたらスイッチが入り、Androidスマホでも認識しました。ステーに本体仮固定。取付はそれほど難しくないです。Runtastic Roadbike(アプリ)とのマッチングも良く使えます。ちなみに携帯はAndroidでアプリはOPEN RIDER(無料アプリ)で完璧です!Φ9mmのスピード用スポークマグネットがあと2つ付属であれば助かります。本体の位置を調整で完了。アンドロイドをサイコン化したく購入。何処にもスイッチが無く!どうなっているのか?スマホで認識もしない。ただ、バッテリーの消耗は早そうですね。ただ、iphoneのバッテリ消耗が早いです。まだアプリ選定中で使っていませんが!これ1つでスピードとケイデンス対応なのは素晴らしいです。スピードとケイデンスを計測できるサイクルコンピュータは1万円以上するけど!これを使えばスマホサイクルコンピュータとして使えるので良いですね。マグネット!本体共に少し大きめです。何も問題なくアプリにセンサーが反応しました。この値段でこの性能なら満足ですiPhoneのバッテリーが持ちませんがiPhone4S+iOS6.1.3、Cyclemeter10.0.4にて動作。なかなかいい商品でしょう。ちなみにスマホはandroid5.1.1でアプリも安定しています。やはり欲しくなるケイデンスセンサー。ネオジムなので強力で外すことが難しくなります。ただ良く考えて磁石の取付け用。サイコン+地図入りサイコンの2台体制で携帯も持ち歩く無駄がなくなりそうです。センサーは事前にアプリ(PanoBike)に認識させてからの方が良いみたいです。取り付け後、アプリのケイデンス検索で認識しました。いざ走行すると!ケイデンスとスピードの両方がうまく計測できる位置に設置できていない。逆にいうとそれくらい簡単です。SOL23で満タン状態から八時間位で10%以下に成るので!モバイルバッテリーは必携どなります。。ローラー台用にもう一台注文しましたが在庫がなく購入出来なかったのが残念です。そこだけが少し気がかりです。マグネット同志くっつくとなかなか外せないですが!スライドさせるとなんとか取れます。ペダル部分にはマグネットの磁力のみで貼り付けることができました。ただ!iphoneのバッテリ消耗が早いので!付け加えます。ケイデンス・スピード!いずれも確実に測定できています。セカンドバイク用に購入、マグネットは大きいですが動作は良好です一応セットアップは完了しましたが、ネットからダウンロードしないとわからないですね。iPhoneアプリだと時間や距離、心拍やスピード、ケイデンスと何でも目標値を設定しておけばアナウンスしてくれて便利です(^^)標題の仕様で使えました。※モバイルバッテリをすでに持っているので、私は特に気になりません。 設置後にcyclemeterというアプリでペアリングして使用しました。取り付け・調整は簡単、自分でできました。私はスマホをサイコン代わりに使うことにしました。私は、iphone電源をOff==>Onにすることでうまくできました。ケイデンス用マグネットはペダルの穴に合わないため結束バンドで固定。取付!設定も思っていた以上に簡単でした。ただアプリを使うと自動的にブルートゥスとgpsデータを認識接続しますので、電池はもちません。スマフォアプリのランタスティックバイクプロに使用するために購入。私はこの外す作業に一番時間が掛かりました。ロードバイクをはじめました。本体とスピードマグネットが5mm程度の隙間で設置完了。良く考えたらマグネットの通過がスイッチじゃないか。取り付け・調整は簡単でした。(クランクを回転させるとあっさり認識)最大ケイデンスと平均ケイデンスが解るので面白いです。サイクルコンピュータを試してみたい人にも良いですよ。かなり微妙で、ケイデンスを測れる位置にするとスピードにばらつきが出る。ただし、サイクルコンピュータよりバッテリーを消費するので走る距離によっては充電環境も必要になります。ロードバイクケイデンスを測定するためです。※Runtastic Roadbike(アプリ)でのBluetoothペアリングが必要ですが!うまくペアリングできない場合があるかも。これはアプリ、スマホとの相性もありますが、再使用時の認識がすこし悪いので星−1にします。サイコン買うなら付いているセットの方が安く済むかも。ペアリングも簡単に終わり、タイヤ周長等を入力して固定ローラーで使用した感想は、良い!以前に使用していたSIGMAの普通のサイコンに比べると情報の更新にタイムラグがある感じですが特に問題は無いです。パノバイク!runtastic pro 等を楽しんでいます。。